【セカンドオピニオン】新築・LDK設計

新築を工務店に依頼済みのお施主様より、LDKと洗濯動線が希望通りにならないとのご相談を受け、セカンドオピニオンとして、
・間取り提案
・パース作成
・お得な商品提案
をご提供させていただくことになりました。

工務店からもたっら図面

お施主様(奥様)から、家事動線が悪いとのことでご相談を受ける。

第一段階
・口頭でご提案しその旨工務店に伝えてもらう
→頷いてはくれたそうだが図面にはしてくれない。
→現在の図面で問題ないと改めて推されてしまった。

とのこと。

同席していた不動産会社、工務店の設計者ともに、男性。
家事動線に関してはやはり現実味が弱い。

奥様の変更希望点は2点
・キッチンとダイニングを横並びにしたい(当初提案はT字カウンターキッチン)
・洗濯機からバルコニーまでの動線確保

カウンターキッチンは以前は憧れを持たれた。
しかし、昨今は、横並びの方が動線が良いことに気づかれ始めている。
また迂回できる間取りは最先端とされ、
家族が皆、キッチンを回れる、
つまりキッチンが角にならないプランが、
家事への参加率が高いという。
そのため、並列のキッチンとダイニングテーブルは作業効率と家事参加の観点から
今後推奨されてくるプラン。


また、女性からすれば、洗濯機から物干し場までは短距離にしたい。
が、この設計の方はガスコンロの前を通る設計をしている。
それはちょっと怖い。
風の強い日に洗濯物を取り込んで、火が燃え移ることも当然危惧され、
また何より、食べ物の匂いや飛び跳ねた油などが付着する動線は、
主婦目線に立っているとは到底言えない。
また、突然の雨や梅雨時期に、室内に干せる空間を確保することも必要。

マンションなどは室内干し場が居室になりがちだが、
それは悪くはないものの、
来客時には退けることになり少し面倒なため、
できれば最初から干す場所が決まっていて欲しい。

これらぼ要望を聞いて
私はごく当たり前の要望だと思ったし、簡単に変更できると思い、
口頭で伝えてもらえばいいと考えた。


が、奥様は、旦那様、男性設計士、男性営業マンに囲まれ、
意見を受け入れてもらえないと悲しんでおられた。

そこで、私がプランを上書き。

青い線で描いたものが私の変更プラン。
変更したのは
・キッチンの向き
・キッチンの袖壁追加
・袖壁奥にバルコニーに続く廊下の設置
・その廊下に室内物干し設置
です。

この図面を見せたら、工務店の人は
「これいいですね」
と言って即変更図を描いてくれたそうです。

 

間取りの方がまとまり一安心。
その後、サッシの色を黒とシルバーで迷っておられるとのことで、
外観パースでサッシの色を変更して見くらべていただきました。

 

画像には残ってませんが、ワンクリックで黒とシルバーを変えられるので、
どちらも色をお見せして、写真を撮って検討されてました。

こうしてセカンドオピニオン第一号のお宅のお手伝いは完了しました。

このように一部のお部屋だけでもしっくりこない場合は、ぜひご相談ください。
また女性設計士の目線をぜひ有効にご活用ください。
私も主婦目線でお手伝いさせていただければと思っております。

お気軽にご相談ください。

toiro design casa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です