【外構】ウッドデッキ

藤沢市 S様邸

リビングから直接庭に出る動線のご自宅。

お施主様が1階の寝室のお布団を、2階のベランダに持って行って干す
という生活をしていましたが、
お庭にデッキを少しだけ出してお布団が干してはとご提案。

奥に駐輪スペースがあるのと、予算もあるため、
最低奥行き寸法と布団サイズを考慮して設計。

Before

このスペースにデッキを施工。

それでは工事開始!!

コーナーが90°ではないので組み方が複雑でした。
が、熟練の職人さんが手際よく組んで土台が完成。

1日半で完成しました。
庭への出入りは北側の日が差さない方向にして、
それ以外の2方向に横向きの桟を作りました。

これで3枚の布団が階段を上がらずに干せます。


⦅お施主様の声⦆

膝が痛くなって来て、布団を持ったままの階段の上り下りが
辛かったので、この位置に干せるようになって本当に楽になりました。
こんな方法で楽になれるならもっと早くやれば良かった!
布団を干すのがストレス無くなったので、気持ちよく過ごせます。


ありがたいお声です。
写真だと狭そうに見えますが、ここに折りたたみの椅子など出して日向ぼっこしたり、お茶をしたりしてるそうです。

ご主人はこのデッキが仕上がったら、お庭のアレンジを色々始めたそうで、今は玉砂利など敷いて、防犯にも気を回されています。


女性の家事動線を考えるのが私の得意分野なので、
奥様の家事へのストレスがなくなったというのが何より嬉しいです。

toiro design casa

【リフォーム】床のたわみ

藤沢市 S様邸

玄関からリビングに入る一番人が踏む床。
ここが歪み、たわむと言うことで現地調査。
一箇所、良さそうなところをカットして、建物の土台と基礎が腐食していないかを確認。
S様邸は独立基礎でしたが、土台も根太もとても立派で
腐食などもみられず一安心。
床なりの原因は、フローリングに湿気が含まれたことによる経年劣化。

全面張り替えだとコストがかかるため、一部分の張替えを希望。
似たような床材を探したところ、見つかりました。
早速工事開始。

不陸のある床部分をカット。根太を傷つけないようにします。

昔の家なので床下は砂になっています

完成しました。
パッと見だとどこを張り替えたかわからないほどに馴染みました。
写真だとわかりますけどね(^ ^)

お施主様が「これで怖くない」と言ってくださったのでよかったです。

床のリフォームがあればお声掛けくださいませ。
いつでもご相談に伺います。

toiro design casa

【CAD】新築 株式会社D様

定期的にご依頼いただく企業様のCAD製図。
このお施主様は映画鑑賞と読書がお好きとのことで、
リビングのテレビ壁面裏にワードローブを設計。
100以上の本やDVDを余裕で置けるスペースができました。

D様は素敵な間取りを提案される設計士が多いので、
CADのご依頼をいただく中で、良いプランは大変参考になります。

たくさんの図面の中でお依頼者のご要望に近いものがご提案できると思います。
お気軽にご相談ください。

toiro design casa

【CAD】ガレージ

岡山県 S様邸

岡山県の豪雨災害時に、人手が足りないとのことで、図面の依頼を頂きました。

新築でガレージを作りたいとの事で、ガレージ部分を含む外構図とパース図面を作成。

岡山県の真備町はこの頃甚大な災害に見舞われ多くの方が力仕事をする日々で、図面に手が回らないとのことでしたので、遠方よりお手伝いさせて頂きました。

パースは出来るだけ多くの角度から作成。

パース作成後、岡山県真備町に行ってきました。
目で見る被害は言葉にならず。
とてもひどい状況でした。

空港から現場に行くまでの間に、被害の大きかった地域を通り写真を撮って来ました。
建物の外壁が残っていて室内に氾濫した水が流れてしまった家が多かったです。
窓ガラスが割れてる家は多く、室内のものを廃棄して、掃除している方も多く見られました。

現地は建物は完成し、水害にもあっておらず、お施主様は安心されただろうなと思いました。
ここからガレージを工事するとのことで、
お手伝いができてよかったです。

余談になりますが、現地調査後、倉敷市の美観地区に足を運んで来ました。

初めて行った倉敷でしたが、とても素敵な景観。岡山県の方はセンスがいいなと心底思い多くのお店の内装やディスプレイなどを楽しみ、復興になればとたくさんのデニムと頒布グッズを購入して来ました。

岡山県被災地の復興を祈っています。

toiro design casa

【CAD】新築 株式会社H様

横浜市旭区 F様邸

横浜市旭区の株式会社H様より図面依頼をいただく。
デザインは70代のH社の社長。
この台形リビングは使いにくいのではないかと何度かお伝えしたが、
これが格好いいとのことで、設計のアドバイスは入れずに製図のみのお手伝い。

平面図とパース

 

私が設計者ならこの間取りは作りません。
台形の室内は家具を置くのに困るからです。
また台形にすることで部屋が狭くなります。
土地が台形なら仕方ないと思うのですが、
「格好いい」という理由ではお施主様には勧められません。

ただ、人によっては、室内より外観にこだわる方もいらっしゃるので、
今回はお施主様のご了承を得ているとのことでしたので、
社長の意向に沿って製図を行いました。

名前は出せませんが、こういうワンマンの会社では
建築士免許を持ってないデザイン重視の方からのトップダウンの設計があります。

お施主様はぜひそういった会社には気をつけていただきたいと思います。

語弊がないように補足しますと、
ワンマンでも設計は専門家に任せているという場合は良いと思います。
が、デザインは好きという経営者がいて、建築士がその後ろで計算などしてる場合、大手で営業マンが窓口で設計者は別にいて打ち合わせには不参加なとがあると、
営業と設計と施工の意思疎通がないということが起きます。

こうなった時に一番悲しい思いをするのはお施主様です。

どうか施工を依頼する会社選びは慎重になさってください。
会社選びに困った場合は、いくつかの会社とのお付き合いがあったのでご相談に応じておりますので、お問い合わせください。

 

toiro design casa

【セカンドオピニオン】新築・LDK設計

新築を工務店に依頼済みのお施主様より、LDKと洗濯動線が希望通りにならないとのご相談を受け、セカンドオピニオンとして、
・間取り提案
・パース作成
・お得な商品提案
をご提供させていただくことになりました。

工務店からもたっら図面

お施主様(奥様)から、家事動線が悪いとのことでご相談を受ける。

第一段階
・口頭でご提案しその旨工務店に伝えてもらう
→頷いてはくれたそうだが図面にはしてくれない。
→現在の図面で問題ないと改めて推されてしまった。

とのこと。

同席していた不動産会社、工務店の設計者ともに、男性。
家事動線に関してはやはり現実味が弱い。

奥様の変更希望点は2点
・キッチンとダイニングを横並びにしたい(当初提案はT字カウンターキッチン)
・洗濯機からバルコニーまでの動線確保

カウンターキッチンは以前は憧れを持たれた。
しかし、昨今は、横並びの方が動線が良いことに気づかれ始めている。
また迂回できる間取りは最先端とされ、
家族が皆、キッチンを回れる、
つまりキッチンが角にならないプランが、
家事への参加率が高いという。
そのため、並列のキッチンとダイニングテーブルは作業効率と家事参加の観点から
今後推奨されてくるプラン。


また、女性からすれば、洗濯機から物干し場までは短距離にしたい。
が、この設計の方はガスコンロの前を通る設計をしている。
それはちょっと怖い。
風の強い日に洗濯物を取り込んで、火が燃え移ることも当然危惧され、
また何より、食べ物の匂いや飛び跳ねた油などが付着する動線は、
主婦目線に立っているとは到底言えない。
また、突然の雨や梅雨時期に、室内に干せる空間を確保することも必要。

マンションなどは室内干し場が居室になりがちだが、
それは悪くはないものの、
来客時には退けることになり少し面倒なため、
できれば最初から干す場所が決まっていて欲しい。

これらぼ要望を聞いて
私はごく当たり前の要望だと思ったし、簡単に変更できると思い、
口頭で伝えてもらえばいいと考えた。


が、奥様は、旦那様、男性設計士、男性営業マンに囲まれ、
意見を受け入れてもらえないと悲しんでおられた。

そこで、私がプランを上書き。

青い線で描いたものが私の変更プラン。
変更したのは
・キッチンの向き
・キッチンの袖壁追加
・袖壁奥にバルコニーに続く廊下の設置
・その廊下に室内物干し設置
です。

この図面を見せたら、工務店の人は
「これいいですね」
と言って即変更図を描いてくれたそうです。

 

間取りの方がまとまり一安心。
その後、サッシの色を黒とシルバーで迷っておられるとのことで、
外観パースでサッシの色を変更して見くらべていただきました。

 

画像には残ってませんが、ワンクリックで黒とシルバーを変えられるので、
どちらも色をお見せして、写真を撮って検討されてました。

こうしてセカンドオピニオン第一号のお宅のお手伝いは完了しました。

このように一部のお部屋だけでもしっくりこない場合は、ぜひご相談ください。
また女性設計士の目線をぜひ有効にご活用ください。
私も主婦目線でお手伝いさせていただければと思っております。

お気軽にご相談ください。

toiro design casa

【外構】ポスト・門柱

茅ヶ崎市 S様邸



ウッドデッキをやっていると、
「このポストもかえたいな」と(笑)

よくあります、そういうこと♡


建売住宅で門柱はどこも似たようなものを入れられています。
違うのは表札くらいかなと思います。

S様もそれが嫌だと。。。

そこで、デッキの端材で門柱をリモデルしてみました。
デッキと同時工事のため、格安でお渡しできました。

Before / After


機能門柱は残し、端材をパッチワーク風に施工。
ポストは取り外し撤去、インターフォンと照明は既存を利用することで
コストダウンができました。



完成!!!
半日です(笑)



〜2年後〜

お宅に伺ってきました。
手作りの表札をつけてと〜ってもオシャレになってました。
イタウバの色もいい色になってきてました。


駐車場やガレージ、門扉や門柱など、外構に関してもお手伝いしております。
お気軽にお問合わせください。

toiro design casa

【外構】ウッドデッキ

茅ヶ崎市 S様邸

大きなお庭に前面の擁壁があり、部屋からの景色が良くないということで
現地調査へ。

お母様が家庭菜園が趣味ということ、
リビングから見て灰色の擁壁があるのが暗くて嫌だということ、
デッキにプールを出したいということ、
などのご要望がありました。

採寸し、図面をおこし、パースを作成。
S様と何度かお打ち合わせをする中で、
「アシンメトリー」で菜園とグリーンを楽しみ収納するプランをご提案。
気に入ってくださったのがこちら⬇️

早速工事開始!

コンクリートの土台を運び込み、
グリーンを一度避けさせてもらい、木組みをして行きます。

二日で完成!!

横桟を全面に流したのは、
デッキからはお花などを飾るためのプランター掛けに活用、
土上からは家庭菜園グッズを引っ掛けられるように、
というデザインにしました。


トップの写真は完成後すぐに子供達がデッキに集まり遊んでいたところ。

天然の木材に素足で上がり遊ぶ夏、
最高すぎますね。


お施主様、とても気に入ってくださって、
この後、ポストもリフォームしてくださいました。

ウッドデッキをお考えの方、お気軽にお問い合わせください。
ご予算に応じてご提案させていただきます。

toiro design casa

【設計・インテリア】オフィス

横浜市西区みなとみらい 株式会社M様

フリーアドレスのフロアを希望されており、とてもスッキリしたデスク周り。
その分、各人の収納や事務用品の収納、人の動線を考慮しました。

また、このオフィスビルは窓から富士山が良く見えるため、
その窓を塞がないように、考慮。

そして、役職の個室は、クリアパネルにすることで、オープンな空間とし
声だけが漏れないように天井までパネルとしました。

応接室が3部屋欲しいということで執務室に入る前に3部屋設計。
実は一番奥の窓前は、R形状になっているため、
執務室との遮りが困難であったため、
あえて植栽を置き、お客様がそちらに近付かないようにアレンジ。

3部屋それぞれソファーの色を変えました。
「何色のお部屋」という形でご利用いただけるよう致しました。

隣に人がいる方が会社の活気を感じるとの意向から、
視線部分だけに曇りシートを施工しました。

ソファーは座面が回転するものを選択。
オフィスはどうしてもタイルカーペットになりがちなので、
椅子を引く際に美しくないのです。

なので、座面でくるりと座れるように配慮をしました。

toiro design casa

【設計・インテリア】オフィスエントランス

横浜市西区みなとみらい  株式会社M様

「美容院みたい!」と言われますが、不動産会社です。
不動産会社の堅苦しくお高い印象のエントランスを脱却して、
ハイセンスなお出迎えをするエントランスをコーディネートしました。

パーテーションは、社長のご希望で「ブラウンの木目」ということで、
一般的なパーテションに貼り施工しました。

タイルカーペットも、エントランスと通路は執務室とは分けて、
ツートンでコーディネート。

エントランスを入ると応接室までの通路には、
これまでの施工事例や企業紹介の動画が流れるモニターを設置。

ほんの少しのグリーンが雰囲気を柔らかくしてくれるので、
このように大小の組み合わせで通路モニター横にアレンジ。

この世界地図は社長のご希望で、
クライアント様の施工された国にピンを挿してお客様とお話ししてもらう
スペースとしました。

その国にちなんだ本を棚に並べ、
エアプランツを置いてみました。

日差しの届かない位置にあるスペースのため、
エアプランツは活躍してくれました。

toiro design casa